弁護士は「パートナー」です

交通事故の慰謝料の問題は、一人ではなかなか判断出来ないものです。エージェントから提示された額が、果たして安いのか高いのか妥当なのか。なかなか一人では解らないものです。

 

自分自身は納得した額であったとしても、弁護士に相談してみたら「安すぎる」と言われるケースも珍しくないのです。弁護士に相談する事で、どのようにすべきかが見えてくるのですが、弁護士はあくまでも「パートナー」であって、勝手にあれこれ行うのではありません。依頼者と二人三脚でどうすべきかを摸索してくれるのです。

 

 

 

ですので、交通事故の慰謝料問題も、弁護士に相談する際には自分自身はどのように感じているのか。もっと慰謝料が欲しいのか、あるいは疑問だから相場を知りたいだけなのか。このような点を明確にしておくと良いでしょう。弁護士はあくまでも依頼者の意思を汲む存在ですので、自分勝手にあれこれ行う訳ではありません。

 

ですが、その知識はとても素晴らしいものがあります。先の項でもお話ししましたが、いきなり交通事故に見舞われた時、冷静に対処出来る人などそうそういないものです。その中で慰謝料を提示されても、客観的に判断出来る訳がないのです。だからこそ、法的見地に優れている弁護士に依頼した方が、様々な意味で「無難」なのです。

 

エージェントの無理難題に屈しないという点からも、慰謝料を適正価格もらうという点からも、一人では厳しいものがあるでしょうが、弁護士をパートナーとする事で可能になるのです。弁護士に依頼しても…と思っている人もいるかもしれませんが、弁護士に依頼するメリットは計り知れないものがあるのです。

交通事故にあって慰謝料請求したい

いつ遭遇するか解らない事は多々あります。「人それぞれ」とは言いますが、人それぞれ異なるリズムで生活を送っているのですから、時に摩擦が生じたり、あるいは何らかのアクシデントが起きてしまったがためにトラブルに遭遇する事は、日常生活の中で決して「有り得ない」と断言出来る事ではありません。

 

交通事故もその一つと言えるでしょう。交通事故はどれだけ注意していても起きる時には起きてしまうものです。自分自身がどれだけ注意していても、相手の不注意によって起きるケースがあるのですから、「絶対に」という言葉はなかなか難しいのです。

 

それこそ常識では考えられないような交通事故だってあります。近年では高速道路を逆走していたりですとか、過度な飲酒運転のドライバーがニュースで取り上げられる事もありますが、ニュースで見るだけでもぞっとするお話しは、自分には絶対に起こらないとは断言出来ません。交通事故の恐怖を煽っている訳ではないのですが、交通事故はいつ起きるか解らないという事です。

 

そして交通事故はとても大変なものです。加害者側となってしまったらとても大変ですが、被害者側となってしまってもそれはそれで大変なものなのです。加害者とのいろいろな話し合い、いわゆる「示談」を行うべきか、あるいは反省が見られないようであれば裁判といった流れになる事もあります近年、弁護士の世界で交通事故の案件が増えているとされているのはそのためなのです。示談交渉はとても大変なものですが、だからこそ法律と交渉のスペシャリストでもある弁護士に依頼した方が無難とされているのです。

なぜ慰謝料が必要なのか

交通事故の慰謝料は、法律によって定められているものであはありません。前例等から「これくらい」と導き出すものではありますが、基本的には両者の交渉によって「妥協点」を見出すものですから、仮にですが、被害者が「別にいらない」と言えば、慰謝料は支払われないのですが、そもそもなぜ「慰謝料」なる物が存在しているのか。

 

これは加害者の「気持ち」です。謝罪するのは当たり前ですが、謝罪の気持ちというのはなかなか解らないものです。言葉ではどれだけ必死に謝ったとしても、被害者側とすると、気持ちの面で収まったとしてもその間の生活に支障をきたしてしまった分や、あるいは仕事が行えなければ本来得るはずだった報酬、治療にかかったお金があれば治療費。交通事故に遭わなければ、被害者はこれらの迷惑を被る事が無いのです。

 

ですが交通事故に遭遇してしまったがために、これらの迷惑を被る。加害者からすれば「気持ち」だけではなく、気持ちを形にした慰謝料を支払うのは当たり前でもあります。また、慰謝料を支払い、被害者が受け取るという事は、それにて「一件落着」を意味しているとも言えます。加害者からすると、交通事故を起こしてしまったのですから、最悪刑事告訴だって有り得るのです。

 

被害者側が警察に訴え出れば、「容疑者」となってしまうのですが、慰謝料を支払う事でそれを免れる事が出来る事だってあるのです。「お金で解決」と聞くと少々言葉は悪いかもしれませんが、加害者側からすれば、慰謝料を支払う事で社会的制裁をいくらか軽減する事が出来るのであれば、それに越した事はないはずです。もちろん、容疑者となった上で慰謝料を支払わなければならないケースも多々ありますが。つまり、簡単に言えば「お詫び料」という事です。

慰謝料は相場が無い

慰謝料はお詫びの気持ちです。ですが慰謝料に関しては実はトラブルになる事も珍しくないとされています。
なぜなら、先にもお話ししたように、慰謝料にはいわゆる「相場」というものがありません。
あるにはあるのですが、あくまでも前例から導き出したものであって、相場をご存知の方というのはなかなか居ません。
それこそ弁護士か、あるいは保険会社の人間くらいなものでしょう。
被害者が弁護士、あるいは保険会社勤務であれば、自分の被害状況から、慰謝料の妥当額を導き出す事が出来るでしょう。ですが被害者がそのような職業の方とは限りません。
確率からすれば、そのようなケースの方が稀でしょう。
交通事故の被害に遭った方の大半は、慰謝料の妥当額どころか、そもそもどうすれば良いのか。
どのような手順で日常生活に戻れば良いのか。そもそも「交通事故に遭った」という状況をどのように処理すれば良いのか。
このような点からしてよく解らない事なのではないでしょうか。
交通事故の経験がある方であれば、何をすべきかというのは何となく解るかもしれませんが、それもあくまで経験則からのものであって、さすがに慰謝料がどれくらいもらえるかまでは解らないものです。
この「よく解らない」という点こそが最大の難点と言っても良いでしょう。
なぜなら、よく解らないがため、提示された慰謝料が妥当なのか不当なのか。
更に言えば、その慰謝料は受け取らなければならないのか、もっと高くしろと告げても良いのか。
このような点すら解らないのです。